これだけは自分で!やらなければならない引っ越し前の事前準備

意外にある!やらなければならない引っ越し前の事前準備とは?

荷造りや不用品の処分など、引っ越し準備はやることがあって大変ですよね。

自分で荷造りせず、引っ越し業者に荷造りや不用品の処分も任せてしまえるプランもあるので、そちらを選ぶ方もいらっしゃると思いますが、

それでも自分自身でしなければならない作業があるんですよね。

意外と忘れがちなこともあるので、ここでご紹介します。

生活ゴミの処分

一般の生活ゴミは、引っ越し業者に処分を頼むことはできないので、自分自身で処分しなければなりません。

古新聞、雑誌、衣類、生ゴミ、ビン、缶、食器、植木鉢など、引っ越し先に持っていく必要がないもの、持っていけないものは早めに処分しておきましょう。

とはいえ、引っ越し当日もゴミは出ます。管理人も東京から兵庫への引越しで、大きめのゴミ袋4袋分くらいのゴミが出ました…。

事前に頑張ってゴミを捨てまくったはずだったんですけどね。。この場合は、出たゴミも一緒に、引越し先へ運ぶことになりました。

トラックに空きがあったからこそできたことで、もし荷物でトラックがパンパンの場合は、置いても行けず、困ることになっていたと思います。

ゴミ捨てはお早めに、計画的にしましょう。。

石油ストーブ

灯油はすべて抜き取り、必ず空焚きをしましょう。そして、点火用に取り付けている乾電池も忘れずに外しておきましょう。

危険物

灯油、ベンジン、スプレー缶、消火器、花火、ライター、卓上コンロのガスボンベなどの危険物や発火性のあるものは、引越し荷物として運ぶことができません。

引越し前に使い切って捨てるか、可能ならば自分自身で運搬しましょう。ただし航空機への搭載はできないことが多いので、移動経路には注意が必要です。

植物

水漏れの恐れがあるので、前日の水やりはしないでおきましょう。冬季など気温が下がる時期などは、移動中に弱ってしまう場合もあるので、取扱には気をつける必要があります。

カーテンレール、ブラインド

カーテンレールやブラインドの取り外し、取り付けは引越し業者さんではおこなってくれません。自分自身で取り付け、取り外しをしましょう。

カーテンやブラインドには意外とホコリが溜まっているので、取り外し時にはホコリ対策として掃除機やハンディワイパーなどを用意しておくと便利です。

冷蔵庫

冷蔵庫、冷凍庫の中身は必ず空にしておきましょう。前日の夜には電気コンセントを抜き、水抜きと冷凍庫の霜取りを済ませておく必要があります。

食べきれないけれど捨てたくない、新居へ持って行きたい食材などは、数時間であればクーラーボックスに入れて運ぶこともできます。

遠距離引っ越しの場合は要冷蔵品、要冷凍品の運搬はかなり難しいので、引っ越しが決まったらなるべく早めに食材を食べ切ってしまうようにうまく調節しましょう。

ペット

ペットや生き物は、引っ越し荷物と一緒に運ぶことができない決まりになっています。

自分自身で運ぶか、引っ越し業者によってはオプションでペットの輸送サービスを行っている場合もあるので、確認してみましょう。

⇒引っ越し一括見積もりサイトおすすめランキング

最大65%引きに成功!引っ越し見積もりを安くする方法とは?


引っ越しをなるべく安くするには、引っ越し業者一社からのみ見積もりをとるのではなく、複数の引っ越し業者から一括見積りをとるのがオススメ!

管理人も東京から兵庫へ引っ越す際に、一括見積もりで見積り料金を最高値52万円から18万円へ、最大65%引きすることに成功しました!!

一括見積もりサイトでは、最短わずか30秒で見積もりを申し込めます。
希望日に希望予算で引っ越しできない「引っ越し難民」にならないためにも、早めの見積もりが引っ越しを成功させるコツです。

⇒引っ越し一括見積もりサイトおすすめランキング

関連記事

関連記事がありません。

テキストのコピーはできません。