知って効率化!引っ越し荷づくりのコツあれこれ

コツを知って、荷造りを効率的に!

まずはすぐに使うもの、使わないものを分け、優先順位をつけてから行うと、荷づくり、荷ほどきの時に便利です。

そして荷造りは、すべて前日までに終わらせておくのが鉄則です。

スムーズに引っ越しできるように、引っ越しが決まったら少しずつでも荷づくりに手をつけ始めましょう。

あとで「もっと早くやっておけば良かった…」と後悔しないで済むように!(ちなみに管理人は引っ越しのたびにいつも後悔します…( ̄▽ ̄;))

荷づくりのコツ その1

当面は使用しないもの

なかなか開けない部屋の天袋や押入れの奥にあるもの、普段は使用していない食器類など、ここしばらくは急いで使用する予定のないものから、荷造りを始めるのがオススメです。

荷づくりのコツ その2

引っ越し間際まで使うもの

お箸やスプーンなどのカトラリーや、食器、当面の衣類、子供の学校用具など、引っ越し間際まで使うものは、一番最後に荷造りするようにしましょう。

特に食事に関するものは、引っ越し間際まで使うことが多いものです。引っ越し当日に困らないよう、最後まで使うもの、引っ越し先ですぐに使いたいものを分別しておくといいですね。

引っ越し前後の数日間は、すべて外食で済ませるとか、買ってきたお総菜とおにぎり、割り箸と紙皿、ペットボトルですませるなど、食器を一切使わない覚悟であれば、早めに荷造りしてしまっても大丈夫です。

すぐに使うものは分かるように目印を

引っ越し業者によっては、ダンボール箱に貼る内容表示シールをもらえる場合もあります。

「すぐ使用」シールなどがある場合は忘れずに貼り付けておくと、新居に着いて荷ほどきする際に楽です。

シールがない場合は、マジックで書き込んだり、カラーテープなどで識別できるようにしておくと便利です。

荷づくりのコツ その3

小型のカーペットなどの敷物

荷造りをした後のダンボール箱の置き場を確保するために、ホットカーペットやキッチンマットなど床まわりのものは早めに片付けるようにしましょう。

ただし、部屋の全面に敷いてある大きくて重いウッドカーペットなどは、一番最後にしても大丈夫な場合が多いです。

管理人は東京に住んでいるとき、6畳の部屋全面にウッドカーペットを敷いて使っていましたが、重いし大きいし自分では持ち上げられないので、すべての荷物を運び出した後に、引っ越し業者の方に巻いて運んでもらいました。

引っ越し後の兵庫の新居では、一番最初にウッドカーペットを敷いてもらえるようお願いし、ウッドカーペットを敷き終わった後に荷物を運び入れてもらいました。

引っ越しプランによって内容は様々ですので、大きなカーペットなどの対応をしてもらえるかどうか、あらかじめ訪問見積もりの際などに相談しておくと安心ですよ。

荷づくりのコツ その4

ダンボール箱の積み重ね方

荷づくりしたダンボール箱は部屋の隅に積み重ねて、出入り口を確保した上で、生活スペースを作るようにしましょう。

荷造りをしていくと、思った以上にどんどんとダンボール箱が増えていくので、上に積み重ねていくことになりますが、その時に注意したいのは、中身の重さ。

重たい中身のダンボール箱は下の方へ、軽い中身のダンボール箱は上の方へ置くようにしましょう。

最大65%引きに成功!引っ越し見積もりを安くする方法とは?


引っ越しをなるべく安くするには、引っ越し業者一社からのみ見積もりをとるのではなく、複数の引っ越し業者から一括見積りをとるのがオススメ!

管理人も東京から兵庫へ引っ越す際に、一括見積もりで見積り料金を最高値52万円から18万円へ、最大65%引きすることに成功しました!!

一括見積もりサイトでは、最短わずか30秒で見積もりを申し込めます。
希望日に希望予算で引っ越しできない「引っ越し難民」にならないためにも、早めの見積もりが引っ越しを成功させるコツです。

⇒引っ越し一括見積もりサイトおすすめランキング

関連記事

引っ越し荷造り

引っ越し荷造りに揃えたい!必須アイテムとは?

意外と知らない!?引っ越し用ダンボール箱の組み立て方

粗大ゴミの処分はとにかく早めに!引っ越しで出る不要な家具や家電の処分方法について

荷造りの前にまず読むべき!引っ越し荷物の選別方法

引っ越し荷づくりでこれはNG!意外に見落としがちな注意点

テキストのコピーはできません。