引っ越し荷造りに揃えたい!必須アイテムとは?

これだけは揃えたい!荷造りの必須アイテム

さあ、引っ越しの荷造りにとりかかろう!という時になって、意外と必要な道具が揃っていなかったりすることは多いもの。

引っ越し荷造り

荷造りを始めてから「これがない、あれもない!」とあらためて道具を揃えるのは、ちょっと面倒ですよね。。

あらかじめ必要なアイテムを揃えてから荷作りを始めると、荷作りテンションも下げずにスムーズに作業ができますよ♪

ダンボール箱

荷作りに一番必要なもの、それはダンボール箱!
基本的には、引越し業者からもらったり買ったりしたものを使うのがベストです。

なぜかというと、ダンボール箱の大きさは引越し業者によって統一されているので、同じ規格のものならばトラックの中でスペースの無駄なく積むことができ、荷崩れも起こしにくくなるからです。

ダンボール箱を自分で用意する場合は、スーパーの裏口などでお願いすれば分けてもらえる場合もありますが、規格がバラバラなので、引越し業者によっては扱いづらい荷物になりますので、敬遠されることもあります。また、使用済みのダンボールは強度が弱くなっていることもあるので、積み重ねるにはやや不安も残ります。

管理人も引っ越しの際にダンボール箱が足りなくなるかも、と近所のスーパーから予備のダンボール箱をもらってきましたが、引越し当日には結局引っ越しトラックに積んであった引越し業者の予備のダンボール箱で梱包してもらうことになり、もらってきたダンボール箱はゴミになっただけでした。

やはり規格が違うと積みづらいので、引っ越し業者さんはあまり使いたくないようです。。

荷造りテープ

ガムテープは引越し業者からサービスでもらえることも多いと思いますので、それを使いましょう。

ガムテープ以外にも、粘着力が弱い養生テープや、

養生テープ
マスキングテープもあると非常に重宝します。

マスキングテープ

ちょっとしたコードをまとめたり、ガムテープだと剥がせなくて困ってしまう場所でも、養生テープやマスキングテープなら気軽に貼ることができたりします。

また、引越し業者によっては、大事なものやワレモノを区別できるよう、赤や青などのカラーテープを提供してくれる場合もあります。

引越し当日は、作業員の方が部屋に入ると、どんどん荷物が運ばれて行ってしまうので、大事に扱ってもらいたいものは、確実に運んでくれる人にわかるように、カラーテープを貼ったり、マジックで大きく分かりやすく「取扱注意」などの表示をしっかりしておきましょう。

そして、引っ越しの荷作りに欠かせないのが、テープカッター。

これがあるとないとでは、作業スピードに雲泥の差が出ます。
100均でも販売されていますが、切れ味がイマイチだったりしますので、梱包数が多い方はぜひ、しっかりしたテープカッターを使うテープの数だけ用意することをオススメします。

★管理人オススメのテープカッターは⇒コチラ

管理人はガムテープ、養生テープ、カラーテープ、マスキングテープなどとカッターや軍手とマジックなどを、カゴや小さなバッグにひとまとめにした「荷作りセット」をそばに置いて、荷作りするのがお決まりです。


持ち手付きだとサッと持ち運べて便利ですよ(´∀`)b

内容物を書き込むマジックペン

黒以外に、重要なもの、ワレモノなどを書き込む赤や、個人の荷物を区別するいくつかのカラーがあると便利です。


なるべく大きくしっかり記載できるよう、極太~太めのマジックがオススメ。

引越し当日に雨が降ったりする場合もあるので、雨に流れない油性マジックがベストです。

内容表示シール

引越し業者によっては、運び入れる部屋番号や、内容物、ワレモノかどうかなどをまとめて表示できるシールをダンボールなどと一緒にサービスでくれるところがあります。

荷物を運んでくれる作業員さんにもわかりやすくなりますし、何より荷造りと荷ほどきをする自分自身が何が入っているか判別するのにとても便利です。もらえる場合は有効活用しましょう。

緩衝材、新聞紙など

いわゆるプチプチと呼ばれる緩衝材は、荷造りには欠かせないアイテムです。

引っ越し業者にもよりますが、単身ではなく家族の引っ越しや遠距離引っ越しなどの高額なプランでは、緩衝材も一緒にもらえるケースも多いです。

割れやすい食器をはじめ、傷つけたくないものなどは、もったいないと思わずに緩衝材にどんどん包みましょう。

管理人も、東京から兵庫へのわりと大がかりな引っ越しでは、荷造りを始めた当初は「無駄なく使おう」と思い、几帳面にプチプチ緩衝材をハサミでカットして使っていましたが、

荷造りが切羽詰まってくると、カットする手間も惜しみたくなり、最終的には手で引きちぎっていました( ̄▽ ̄;)

緩衝材が足りなくなったら、管理人の場合は引っ越し業者さんに言えば追加でもらえたので、ケチケチせずにジャンジャン使った方が荷造りが早くて楽ですよ。(引っ越しプランにもよると思いますので、ご自身のプランをご確認くださいね。)

ハサミ、カッター

ガムテープやカラーテープ、荷造り紐をカットするときなど、何かと使いますので、用意しておきましょう。

荷ほどきの際にもあると便利ですが、荷ほどきでは中身を傷つけてしまわないよう、くれぐれもご注意を。

軍手

いくつもの荷造りをしていると、手があっという間にガサガサになってしまいます。ちょっとした怪我をしてしまうこともあるので、手の保護をしてくれる軍手は必須アイテム。

手のひら側に滑り止めのゴムがついた軍手だと、グリップ力も上がり、ダンボール箱の上げ下ろしや移動がラクになります。

滑り止めなしの軍手だと、荷物が滑って落ちてしまうこともあるので、ぜひ滑り止め付きを選びましょう。

ハンディワイパー、フロアシートなど

引っ越しの荷造りをしていると、意外と汚れが目についたり、箱詰めしたあとの場所がホコリだらけだったりと、同時に掃除もすることになる場合が多いです。

さっとホコリを取れるハンディワイパーやフロアシートなどを「荷造り道具セット」に加えておくと便利ですよ。

荷造りヒモ

基本的には荷物はすべてダンボール箱に収めるのが基本ですが、入りきらないサイズのつっぱり棒やポールなど、ばらけそうなものを束ねるのに、荷造りヒモもあると便利です。

ドライバーなどの工具

荷づくり中に分解したりする家具類もしばしばあります。プラスドライバー、マイナスドライバー、六角レンチなど、必要に応じて工具を準備しておきましょう。

ドライバーによっては、先端を逆向きに入れ替えるとマイナスドライバーとして使える物もあるので、これなら1本でマイナスもプラスにも対応出来ますね。

メジャー

引っ越し先でどこに何を配置するか、考えながら荷造りすることも多いものです。

ダンボール箱に一度しまった後に、「あのカーテン、長さ何センチだったっけ?」と引っ張り出すのは大変ですよね。


荷造りしながら、さっと家具やカーテンなどの大きさが測れるよう、メジャーも手元に置いておくと意外と便利ですよ。
測った数値は、スマホで写真に撮ったり、メモ帳などに書き込むのをお忘れ無く!

大小のジッパー付きビニール袋

こまごましていて紛失してしまいそうなものをまとめておくのにも、ジッパー付きの袋があれば大活躍します。

解体した家具のネジをジッパー付き袋にまとめておいて、家具に養生テープで貼り付けておけば、荷物を運び入れた後に組み立てる際にもスムーズに取りかかれますよ。

引っ越し最中には、ネジなどはどこかへ紛れ込んで無くなってしまうことがわりと多いので、あとで困らないように、あらかじめまとめておきましょう!

ふとん袋

他のダンボール箱などで汚れないように、ふとん袋があると安心です。

引っ越しダンボールは、作業員の方がトラックに積み込む際は土足ですので、意外と汚れがつきます。ふとんをそのまま荷物と一緒に積み込んでもらうのは、抵抗がありますよね。。

引越し業者のサービスでもらえることもありますので、引っ越しプラン申込時に担当営業の方に布団袋はもらえるかどうか、あらかじめ確認しておきましょう。
管理人が経験した家族引っ越しプランなどでは、サービスでふとん袋はいつももらえていましたよ(´∀`)b

手頃なサイズの持ち手付きバスケットかバッグ

先ほども少しご紹介しましたが、これは管理人の荷造り必須アイテムです。
東京から兵庫への引っ越しでは、透明なビニールバッグを「荷造り道具入れ」にしていました。

テープの種類が増えると、開口部の大きなバスケットのほうが便利だなと思い、兵庫から沖縄への引っ越しでは、100円圴一で売られている、ちょっとした収納用などの持ち手付きバスケットを使っていました。

その中に荷造りに必要なガムテープやカッター、ドライバーなどをまとめて収納しておける上、ちょっと移動するときにもバスケットごと持っていけます。

荷造り最中は、意外とあちこちに動き回ることも多く、荷造りアイテムを使った後にちゃんと元の場所に戻すことを意識していないと、「あれ、マジックどこ行ったっけ!?」と無くすこともしばしばなので、荷造りアイテムを全部まとめて入れておける入れ物を用意しておくと大変便利ですよ!

⇒引っ越し一括見積もりサイトおすすめランキング

最大65%引きに成功!引っ越し見積もりを安くする方法とは?


引っ越しをなるべく安くするには、引っ越し業者一社からのみ見積もりをとるのではなく、複数の引っ越し業者から一括見積りをとるのがオススメ!

管理人も東京から兵庫へ引っ越す際に、一括見積もりで見積り料金を最高値52万円から18万円へ、最大65%引きすることに成功しました!!

一括見積もりサイトでは、最短わずか30秒で見積もりを申し込めます。
希望日に希望予算で引っ越しできない「引っ越し難民」にならないためにも、早めの見積もりが引っ越しを成功させるコツです。

⇒引っ越し一括見積もりサイトおすすめランキング

関連記事

知って効率化!引っ越し荷づくりのコツあれこれ

引っ越し荷づくりでこれはNG!意外に見落としがちな注意点

荷造りの前にまず読むべき!引っ越し荷物の選別方法

粗大ゴミの処分はとにかく早めに!引っ越しで出る不要な家具や家電の処分方法について

意外と知らない!?引っ越し用ダンボール箱の組み立て方

テキストのコピーはできません。